池袋の歯科医院・歯医者、インプラント、審美歯科、入れ歯専門医

基本情報

当院へのアクセス グリーン歯科map拡大地図はこちら

携帯から
こちらのQRコード
グリーン歯科QR


歯周病 bar

クリーニング

現代人の食生活は、人工物が多く歯にとってたいへん過酷な環境となっております。
そのため、人の手による定期的な確認と必要に応じた治療が不可欠です。
当医院では、着色や変色を除去しつつも汚れが付きにくくなるようなクリーニングや、定期的なメインテナンスを含めたクリーニングも行っております。



クリーニングの例










長く健康な歯茎を保つためには・・・

歯周病治療が一通り終了すると、今度はメインテナンス治療に移行します。歯ブラシをしていると、少しずつ癖がついてしまうため、定期的にプラークコントロールの状態をチェックする必要があります。また、歯周病の治療が一度終了しても、歯と歯ぐきの間の溝には再び細菌は増えてきてしまうため、定期的(約3〜4ヶ月程度)に細菌を洗い流す必要があります。。そのため、年に2〜4回のメインテナンスが望まれ、これにより良好な状態を長く維持することが出来ます。また、急速に歯周病が進行する部位を早期に発見できることもメリットとして挙げられます。

メンテナンス


含嗽剤(うがい薬)のススメ

歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシでのプラークコントロールに加えて、さらに付加的な効果を期待できるものとして、含嗽剤が挙げられます。ある種の含嗽剤は歯周病原生細菌が歯や歯肉に付着することを妨げたり、細菌自体を殺すことが分かっています。当院ではCHX(クロルヘキシジン)配合の含嗽剤をお勧めしています。
含嗽剤には炎症を抑制する効果のある成分が含まれているものもあり、適切にプラークコントロールを行った上で使用していただくと効果的です。使用に際しては担当の歯科医師、歯科衛生士にご相談ください