池袋の歯科医院・歯医者、インプラント、審美歯科、入れ歯専門医

基本情報

当院へのアクセス グリーン歯科map拡大地図はこちら

携帯から
こちらのQRコード
グリーン歯科QR


義歯 bar

入れ歯の種類

入れ歯のデザイン様々なものがあります。入れ歯は大まかには「入れ歯本体」と「入れ歯を固定する装置」で構成されます(総入れ歯には「入れ歯を固定する装置」がありません)。それらを組み合わせてデザインを決定します。当院では皆様のご要望に対応できるよう、様々なデザインの入れ歯を取り扱っています。詳しくは歯科医師にご相談ください

入れ歯本体

レジン床義歯 矢印 プラスチックを主体とした入れ歯です。保険適用の入れ歯です。

<長所>
・修理しやすい
・手頃な値段で作れる
・金属床義歯に比べて軽い(チタン床を除く)

<短所>
・厚みがあるため異物感が大きい
・壊れやすい レジン床義歯
金属床義歯 矢印 金属を主体とした入れ歯です。薄く、装着感も良好です。非保険適用(自費診療)の入れ歯です。

<長所>
・壊れにくい
・薄くて強度がある
・熱伝導性が高く、食べ物の味が損なわれにくい
・異物感が少ない

<短所>
・作成に手間がかかるため、高価である
金属床義歯

入れ歯を固定する装置

クラスプ義歯 矢印 金属のバネ(クラスプ)で入れ歯を固定します。
特殊義歯 矢印 バネ(クラスプ)を用いずに入れ歯を固定します。磁性アタッチメントやテレスコープなどがあります。
非保険適用(自費診療)の入れ歯の設計に取り入れることがあります。
インプラント義歯 矢印 インプラントを用いて入れ歯を支える方法です。しっかりと入れ歯が支えられるため、よく噛むことができます。
非保険適用治療です。

インプラント義歯について

歯が少なくなり、あるいは無くなってしまい、入れ歯が外れてしまいやすくなった方には、インプラントを用いた入れ歯治療も行っています。
インプラント義歯は骨に結合しているインプラントと入れ歯を止めて使用するものですので、しっかりとした装着感と噛み心地を得ることができます。
保険外治療です。

通常の入れ歯

歯が無くなってくると、入れ歯の落ち着きが悪くなってしまうことがあります。
矢印 インプラント義歯
インプラント義歯

インプラントで入れ歯をしっかりと支えられます。
矢印 インプラント義歯

入れ歯の調整について

新しく作った入れ歯は、ほとんどの場合きちんと咬めるようになるまでに複数回の調整が必要となります。また、お口の中は常に変化しているため、入れ歯はきちんと調整しながら使用する必要があります。また、入れ歯も壊れることがあるため、その場合には修理が必要です。

入れ歯のお手入れについて

入れ歯はご自身の歯と同じように、汚れをきちんと落とす必要があります。汚れたままで使用すると、残っている歯に悪い影響が出たり、入れ歯に付着した細菌が原因で呼吸器系に感染が起こることもあります。毎食後丁寧にお掃除しましょう。

また、入れ歯洗浄材も効果的です。入れ歯には口の中の細菌や、食べ物による汚れが付きます。
これをそのままにして使用してしまうと口の中にカビが生えたり、虫歯になったり、呼吸器系に感染を起こしてしまうことがあります。
そのため、毎食後の入れ歯のお掃除に加え、入れ歯洗浄剤で細菌を除去する必要があります。
入れ歯洗浄剤にはいろいろな種類のものがあります。ほとんどのものは以下の3種類に分類されます。

過酸化水素系 矢印 発泡することで汚れを取り除きます。菌を除去する力はあまり強くありません
次亜塩素酸系 矢印 有機質を溶かすことで菌を殺し、汚れを取り除きます。洗浄効果は高いですが、入れ歯の金属や樹脂が変色することがあります。
酵素系 矢印 タンパク質分解酵素の働きで菌を除去します。


説明書をよくお読みになった上で使用しわかりにくい点は歯科医師に相談して下さい。
また、入れ歯の調整で柔らかい素材を使用している場合は洗浄剤の使用は控えてください。



入れ歯の保存の仕方

入れ歯の材料には水分が含まれています。そのため乾燥にはあまり強くありません。外している間はきれいに洗ってから水中で保存してください。



入れ歯の痛みが出たとき

多くの場合はそのまま使い続けても入れ歯の痛みは治りません。
痛みが出た場合は入れ歯の調整においで下さい。

また、入れ歯には噛み合わせの力が繰り返しかかっているため、壊れてしまうことがあります。
入れ歯が壊れていたり、壊れかかっていたりすると、入れ歯が落ち着かなくなり,痛みの原因になります。
定期に入れ歯の状態を確認するために、来院されることが大切です。

入れ歯は決して自分で調整しようとしないで下さい。



入れ歯安定剤の使用について

入れ歯安定剤は基本的には使用の必要はありません。
ただし、著しく安定の良くない入れ歯、治療中の入れ歯では使用をお勧めすることもあります。
入れば安定剤にはいろいろなタイプのものがあり、パウダータイプ液体タイプのものをお勧めしています。
ペーストタイプのものは噛み合わせをかえてしまうことがあるため、当院ではあまりお勧めしていません。